ブログトップ

Dijon note

dijonnote.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

凍った葉っぱ

e0203003_85267.jpg

昨日に引き続き・・夏の終わりに創った花の紹介です。

クチナシは、母から返品されて以来・・作っていなかったので、そういった意味ではリベンジ?でしょうか?

残暑が厳しかったので、葉の色味をちょっと白っぽく・・氷っぽく・・シャーベットっぽく・・表現したつもりですが、どうでしょう・・?!(汗)・・今回はコサージュではなく、バックチャームで作りました。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-30 08:34

ポップな花・・

e0203003_8473863.jpg

なんか・・「クスッ・・」って笑っちゃう花が出来上がりました・・。なかなか涼しくならない夏の終わりに創った花です・・。とっても唐突に、ポップな感じの花が作りたい!と思ったのです・・。

こんな投稿もできるのも、同志がいつものヘッポコでお手間な奴に戻りつつあるからですね・・気持ちがポッ・・と暖まります・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-29 09:00

いとおしいカケラ

e0203003_15383053.jpg

数日前から、私の同志である小さな猛獣が体調を崩し・・情けないことに何も手につかない日々を送っていました。やっと病に的中する薬が見つかり・・今は快方に向かっています。
闘病中は、写真のような小さな薬のカケラを「お願いだから、この仔を楽にしてあげて・・」と祈るような気持ちで・・大事に一粒づつ袋から摘み出し、与えていました。結果的には写真の薬は的中しませんでした。でも、その時は・・この薬のカケラが、どんな宝石のカケラよりも大切でいとおしいカケラでした・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-28 16:07

感動!また感動!

e0203003_16283796.jpg

気持ちをたてなおし・・張り切って出かけたflowerworksさんの展示会・・なのに、私ときたら・・カメラを忘れてしまい、葉書と併設されていたロビンさんでの買物だけの紹介になってしまいました・・。
「スタンプワーク」という刺繍を実際に手に取ってみるのは初めてでしたが、その緻密で繊細な「刺繍」という手しごとに改めて感動しました・・。同時に、flowerworksさんの花、昆虫、果物といったモチーフに対する表現力に感動しました!
また機会がありましたら、ぜひ魅せて下さい・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-24 16:44

今日の空・・

e0203003_9141122.jpg

朝・・窓を開け・・目の前に広がる空に出会いました・・。

ここ一週間ほどの間に、二つの「別れ」がありました。・・ブログに投稿しようか?しないか?迷いましたが、改めて自分にとってのブログの意味合い?を確認し・・あえて投稿することにしました。
この二つの「別れ」は、私にとってけっこう重いものでした・・。「出会い」もあれば必ず「別れ」もあるとか、人生は「出会い」と「別れ」の繰り返しだとか・・etc・・いろんな慰めもありますが、どれ一つ私の気持ちに語りかけるものはありませんでした・・。でも、今日!この空に出会い・・視覚から心へ響きわたるような「前を向く」パワーが蘇ってくるのを感じました・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-22 09:36

うれしい時・・

e0203003_12434275.jpg

久しぶりの投稿になってしまいました・・。湿気を含んだような台風風・・身に堪えますね・・。

先日、友人に会え・・完成したバックチャームを手渡すことができました。アンティークな感じのピンクベージュのバラと蕾にアンティークレースとオーガンジーをあしらいました・・。すぐに持っていたバックに付けてもらえて!!「大人っぽくていいねぇ~!」と気に入ってくれたようです・・。本当にそういう時ってうれしいものですね・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-17 12:54

丹誠を込める・・

e0203003_10121992.jpg

毎年、この時期になると・・母と近所のぶどう園に巨峰を買いに行きます。湯河原の兄夫婦の家には宅急便なので「種あり巨峰」、我が家には「種なし巨峰」です・・。

このような産地の光景を見るにつけ・・「丹誠を込める・・」ということは、ズバリこういうことなんだなぁ~!と思います。常にその成長を見守り、助け、生産者の真心が吹き込まれてゆく・・そんな過程をいうのだと思います・・。
そんなことを考えると・・天災や人災といった災難が降りかからないことを・・真心が真心として輝けることを・・祈らずにはいられません・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-13 10:41

残暑の中・・

e0203003_824179.jpg

厳しい残暑が続きます・・この湿度は身に堪えますね・・。

そんな中・・「少し涼しくなったら・・やろう!」の第二弾で、母の付き合いで浅草へ行って来ました。伝通院通りを歩いていると・・食品をのせるようなトレイ?に並べられた「つげ櫛」が目に留まりました。中には、すでに椿油がしみ込んだような飴色の櫛も・・。「日本人に生まれたのなら、一つはほしいなぁ~」なんて思ったりして・・手櫛すらいらないヘアスタイルのくせして・・なに?言ってるんでしょうね・・。(笑)

3月の事故以来・・外国人観光客が減り、なんとなく日本人観光客も減り、一時は早めに店じまいした日もあった・・と店主がこぼしていました。
減らすのではなく、止めましょう!・・未来永劫続くであろう補償・・炉から出る廃棄物の処理にかかる膨大な予算・・etc・・原発は決して安全でかつ安価なものではありません・・。
何よりこの星は人間だけのものではありません・・他のエネルギーを人として模索しなければならないように思います。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-10 09:10

いつも一緒・・

e0203003_837062.jpg

少しずつ・・涼しくなってきた今日この頃です・・。涼しくなったら・・アレもやろう!コレもやろう!と思っていたことが山ほどあります・・。その一つに、我が家の小さな猛獣のメンテナンス?(ワクチン接種と歯石除去)があります。昨日は、ちょっと遠い病院なので主人に運転してもらい・・二匹まとめて連れてゆくことができました。いつも予約時間までキャリーに入っている動物はOK!なカフェでひと休憩します・・。足元に置いてあるキャリーの中にいとおしい命を感じ・・気持ちがポッ・・と暖まるひと時です・・。いつも一緒にいることって、なんて大切なことでしょう!
[PR]
by dijon_note | 2011-09-08 09:02

こういう「カタチ」

e0203003_813375.jpg

この木箱が・・前回、私が「楽しい物」と言った、ご近所の方からの頂き物です!
ちょっと錆びついたコテ・・本体のコードに巻かれた伸びてしまったゴム・・いやに長いワイヤー・・染料の入ったガラス瓶・・うん十年前に彼女が使っていた染花の道具・材料です・・。いつだったか?彼女が帽子を作っていたことは母から聞いたことがありました。どういう経緯で、私が「花創り」に興味があることを知ったのか?わかりませんが、「こんな近所に・・しかもこんな古道具を使ってくれる人がいるなんて・・とってもうれしいわ!」と言って、私に手渡してくれたのです!私もすっかり感激してしまい・・感謝の気持ちで一杯になりました。「後を継ぐ」とか・・「伝承」とか・・なんとなくナンセンスに感じた時期もありましたが、やっぱりこういう「カタチ」っていいですね・・使われなくなった道具達にも!もう一度命を吹き込むことができるし・・引き継いだ私の気持ちにも!何か溢れるようなものが生まれました・・。

椿のコサージュ・・喜んでもらえました・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-09-05 09:04