ブログトップ

Dijon note

dijonnote.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

手芸店

e0203003_8102024.jpg

この間、湯河原でコサージュを完成させた話をしましたが・・実は急に決まった湯河原行き!・・花材料の忘れ物をしてしまったのです・・。滞在2日目・・駅前を散策した日・・通りがかりの人に聞きながら、とある手芸店に辿り着きました。幸運にも忘れた材料が手に入り・・安心して店を出ようとした時、ふと棚の下の方に目をやると・・陽に焼けたプラスチックケースの中に写真のペップ(花芯)達を見つけたのです!すぐさま・・座り込み「これ!見ていいですか?」と私・・「どーぞ!どーぞ!」と店主のおじさん。湯河原でペップを見つけるなんて!と小さな感激を隠せない私を店主のおじさんがニコニコ見守ってくれているようでした。以前、連続ドラマ「ゲゲゲの女房」で”染花”を作っているシーンを観て、その「歩み」の長さに感動した時のことを思い出しました。後からコロコロみかん姉さんから聞いたのですが、私の行った手芸店は湯河原で唯一の手芸店だそうです・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-29 09:01

”カサブランカ”とテッポウユリ”

e0203003_975755.jpg

”カサブランカ”が咲きました・・。たしか、この”カサブランカ”・・私が、神保町のとある有名な園芸店で買ってきたものです。ユリを毎年育てている主人の喜ぶ顔が見たくて・・ユリ球根のコーナーで一番立派で大きな球根を値段に糸目なく探しました。なんとなくウキウキしながら家に帰り、その晩、ニンマリと・・”カサブランカ”の球根が入った大きな袋を主人に差し出しました。「わぁ~!大きいねぇ~!ありがとう!」と主人・・。そして、その瞬間・・私は「主人は”テッポウユリ”が好みなんだ・・」とわかったのです・・。よく考えてみると・・ユリのフォームからして主人の好みは”テッポウユリ”だったかもしれません・・。おもしろいですね・・夫婦って・・”カサブランカ”と”テッポウユリ”・・こんな細やかな出来事からも互いの人生観みたいなものを連想し、理解することができるなんて・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-28 09:55

故郷(ふるさと)が二つ

e0203003_1095587.jpg

アンティークな雰囲気で、生成りのバラのコサージュを創りました。「型紙作り」「裁断」「染め」まで家で作り、「コテあて」と「組み」を湯河原の兄夫婦の家で作ったので、このコサージュ・・故郷(ふるさと)が二つということでしょうか?
[PR]
by dijon_note | 2011-07-26 10:22

洋子先生の教室にて・・(いとをかし・・)

e0203003_8384365.jpg

月一回の洋子先生の教室・・今回も参加しました。今回のテーマは「バラとアジサイ」・・右下が私の作品です。
回を重ねるたび顔見知りも増え、ひいては友達もできました。教室の帰り道・・一緒にランチを食べながら、”布花のこと””希望する将来のこと””ビーズのこと””家族のこと””一緒に暮らす動物のこと”・・etc・・話はつきません。時折感じることですが・・この世に人として生まれ、他の人との「出会い」ほど「いとをかし・・」なことはありませんね・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-25 09:03

歩く快適度メーター

e0203003_813320.jpg

ここ数日の涼しさ・・暑さに弱い私にとっては、まさに猛暑を頑張った私達に神様が送ってくれたありがたい「猛暑見舞」のようです。でも、家族はちょっと「涼しい」を通り越して「寒い」と・・毛布を出したり・・バタバタしたようです。写真の動物もその一人?です。我が家では、この動物を「歩く快適度メーター」と呼んでいます。それは、この動物のいる場所は快適度の高い場所であり、またこの動物の様態は快適度を高めるのに有効な様態であることに間違いないからです。というわけで、ここ数日の「涼しさ」は「寒さ」に近く毛布に包まるのが有効だったのでしょう・・。住宅展示場などには、この動物に常勤してもらうのがよい・・と思っているのは私だけでしょうか??
[PR]
by dijon_note | 2011-07-23 08:42

立版古

e0203003_7411329.jpg

美術館のショップで、「おもしろいなぁ~・・」と思い、手に取り・・併せて「切り抜いて作る」という工程に懐かしさを感じ、購入しました。家に戻り・・さっそく目を寄せながら一気に作り上げました。この「おもしろい物」は、「立版古:たてばんこ」というそうで、いわゆる江戸時代の「飛び出す絵本」ですね。江戸時代には、主に歌舞伎の舞台、風景、名所、風物などが題材になったそうです・・。なんとまぁ!江戸の庶民は、楽しくて可愛い遊びをしていたことでしょう!現代の「3D」より「立版古」のほうが、ほのぼのとしていて落ち着くなぁ・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-22 08:17

染めなし!コテなし!

e0203003_1715955.jpg

e0203003_17153965.jpg

以前・・「染花」でリングを創り、時々身に付けています・・。ところが、これがけっこう気を使う代物(しろもの)で・・うっかりリングをしたまま手を洗ってしまい、オロオロしながら、花びらとかを整えるハメに・・。言うまでもなく「染花」にとって「水もの」は大敵ですから・・。そんな経緯もあり・・「水もの」に強い「造花」でリングを作り、遊んでしまいました!水に濡れても、色落ちも型崩れの心配もない「造花」のリングの出来上がりです。短い時間にポコポコ作れてしまいます。そんなに作ってどうするの~??です。やっぱり・・物足りないですね~!(小汗)
[PR]
by dijon_note | 2011-07-21 17:38

自画自賛

e0203003_85395.jpg

今年の乗鞍天空マラソンに主人が参加し、一緒に行った時に撮った写真です・・。実は、と~ても気に入っていて、「なんてナイスショットなんだろう!!」と自画自賛している一枚なのです。水滴に・・昆虫に・・フレームから溢れんばかりの白に・・芸術的なガクに・・etc・・。ちょっと呆れられても・・完璧だわ!と思っています。
さて、この花・・マーガレットでしょうかね?!みなさんも知ってのとおり・・デイジーとの区別は難しいですよね・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-19 08:38

遠くを眺める・・

e0203003_22405671.jpg

今日は、昼食を食べた店の奥さんに教えてもらい・・星ケ山という展望台に行ってみました。展望台には、なぜか?私と主人だけ・・。夏の射すような陽射しはあるものの・・風がとても心地よく吹き、はるか遠くには小田原の街が広がり・・久しぶりにはるか遠くを長い時間眺めることができました。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-17 22:55

海水浴シーズン

e0203003_22415351.jpg

金曜日から湯河原の兄夫婦の家に遊びに来ています。やっぱり・・湯河原は全体的に過ごしやすい地域ですね。朝晩の空気は束の間の休息時間を創ってくれるし、日中の日照りと風も穏やかです・・。
今日は昼ごろ・・湯河原駅前をプラプラ散策し、写真の店が目に止まりました。なんだか・・ぶら下がった衣料品だけを見ると巣鴨の地蔵通りのようですが、軒先に吊るされた色とりどりの浮き袋が・・日本の小さな町の海水浴シーズン到来!を想わせ・・なんとも懐かしい気持ちが込み上げてきました。
[PR]
by dijon_note | 2011-07-16 23:06