ブログトップ

Dijon note

dijonnote.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

一人スライド会

e0203003_9384847.jpg

今年も東京マラソンにはずれ・・昨日は、深谷マラソンに参加して来ました。主人を含めランナー達のスタートを見送った後はいつもどおり・・ぐるりと物産展を見てまわり、大根、ほうれん草、イチゴ・・そして、深谷ネギを買いました。大会によって違うのですが、いろいろな種目があるので、会場は主人達がスタートした後も、けっこう賑わっています。そして・・この頃私は、この「主人がスタートしてゴールするまでの時間」が、妙におもしろく・・まるで某缶コーヒーメーカーのCMにでてくる異星人のような気分で、まわりの人達を眺めています。若い彼氏と彼女が、なにやら・・約束をして”ゆびきりげんまん”をしている様子・・スタート寸前まで我が子を肩車していて、最後に抱きしめて走り去るパパ・・長年走ってきたらしい初老のお父さんランナーの不備がないか点検しているお母さん・・そんな様子をひとコマひとコマをつなげ、眺めていると・・まるで人間の一生をスライドで観ているようです。そう・・昨日もおいしい「煮ぼうとう」を食べながら、一人スライド会を楽しみました。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-28 10:31

写真アルバムのような・・

e0203003_819115.jpg

鍋つかみがボロボロになってしまったので、ちょっと作ろうと思い・・床にハギレをばらまいてデザインを決めようと思いました。なのに、「あー!これは、あのワンピースを縫った時の・・これは、誰々さんにプレゼントしたポーチの内布だ!・・これは、薄すぎたペチコートの端レースだ!・・ギョ!メチャメチャ縫いづらかった布だ!・・etc・・」と一人・・ブツブツ思い出ばかり話してる私・・。鍋つかみのデザインなんてどこへやら・・まるで、懐かしい写真アルバムを1ページ1ページ眺めているようです。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-22 09:39

魅力的な魅力

e0203003_11112256.jpg

昨日は、かなり久しぶりに主人のマラソンに付き合って「青梅」まで行ってきました。病み上がりの主人・・ちょっと心配でしたが、「大丈夫!ゆっくりいくから・・」と主人・・でも、そうはいかなくなる主人の性格を知っている私・・。そんな不安の中・・レースはスタートし無事完走はしたものの・・去年より6分遅い結果になりました。大会には、主人のマラソン友達も数名来ていたので、帰りは恒例の「お疲れさま会」になりました。前回、主人の日々の練習を聞き、奮起し、実行した友達はかなり自己ベストを縮めたようで、とてもうれしそうでした。そんな友達を「よくやったね!素晴らしいよ!」とたたえ、拍手する主人でした。私は、今だ・・あまりマラソンの魅力というものがわかりませんが、こんなふうに努力したら努力した分だけの結果を生んでくれる確立が高いところが、魅力の一つなのかなぁ・・とふと思いました。だとしたら・・かなり魅力的な魅力ですよね・・。にもかかわらず依然私の魅力の対象は、宅急急便屋さんのマドレーヌとおいしいコーヒー?!・・なんとなく情けない感じがしてきました・・(汗)。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-21 11:18

坂道にあるレストラン

e0203003_92427.jpg

この間・・本当に久しぶりに・・学生の頃、主人とよく行ったというか?お世話になった懐かし~いレストランへ行きました。御茶ノ水の駅から駿河台の交差点に向かって坂道を下った所に・・ありました!ありました!しっかりご健在です!なんだか・・とってもホッ!として、ニコニコしながら店内へ・・。「やっぱりここへ来たら、カロリー焼き定食でしょう!」と注文・・。きたきた!昔とちっとも変わらない鉄板に”かさ上げ”?みたいにパスタがひきつめられ、その上に牛肉と玉ねぎの炒め物がのっていて、その脇にちょっとだけコーンがのっているのです。この「思い出の定食」は、昔々・・”痩せの大食い”だった主人の胃袋を十分に満たし、かついつもなんとなく貧乏な二人の財布にとても優しい「女神の定食」だったのです。その日も店内に流れていたのは、カーペンターズのカレンの澄みきった歌声ときれいな英語・・あれから何十年も年月が流れ、ちょっと老いた私達が再びこの場所にいる。この先も、もうちょっと年を重ねた私達がいて・・その先も、またその先もいて・・いつしかテーブルの脇には杖があるかもね・・と笑いました。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-18 10:18

絡めた腕

e0203003_14471387.jpg

先日、古い友人から電話がありました。

写真は、今から30年以上前・・親の心配をよそに「卒業旅行」と称して電話の友人を含め女友達4人で「白馬」に旅した時のものです。何をするにも、どこへ行くにも一緒・・文化祭などで、誰かがカメラを持っていれば、子供が親にそうするように・・すぐさま駆け寄り、腕を絡め身を引き寄せ合い、満面の笑みで写真に写った4人組・・そして今は、4人4様の人生の途中です。

電話の友人の声はかなりめいった声・・どんな声でも彼女の声ならば、すぐさま顔の表情まで見えてきます。「もっともっと自分を大切にしてほしい・・」と心から想い、そして伝えました。遠い昔・・絡めた腕をギュ!と引き寄せ合った時から、彼女の身体は私の身体だし、私の身体は彼女の身体・・なのだから。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-16 15:04

遠くに来た気分・・

e0203003_842981.jpg

昨日は・・朝方、細かい金平糖のような雪がコロコロと空から降っていました。それから、日中は陽射しも出て・・「これで、雨・雪モードも終わりかな?!」と思っていました。ところが、夜も8時を回った頃・・突然!今度は小鳥のうち羽のようなふわふわした雪が、けっこう早いスピードで舞い降りてきて、みるみるうちにあたりが白く・・白く・・なってゆきました。去年から主人が植えてきた雑木も雪をまとい・・暗い夜に浮かび上がり、なんだか遠くに来た気分になりました。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-15 08:59

「一拍おいた白」

e0203003_9381072.jpg

先月末に創ったロングネックレスです。なかなか写真を撮る時間がつくれず・・今頃の紹介になってしまいました。オフホワイト・・私は、「一拍おいた白」と表現しているのですが、やっぱりそんな色味が好きです。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-14 09:43

早春・・

e0203003_122278.jpg

自宅の最寄りの駅から田端駅まで往復する日が続いていました。そんなある日・・偶然、田端駅から乗ったタクシーの運転手さんと話が弾み・・「王子駅から都電荒川線を利用したほうが、時間・賃料ともに助かるから、今日の帰りからやってみるといいよ!!」と親身にアドバイスをもらいました。さっそく・・帰り道は、運転手さんに教えてもらった都電の駅へ!「わ~!道路に線路がひいてある!ヨーロッパみたい!」と、この頃ちょっと疲れ気味の私の気持ちは浮き立ちました。前々から乗ってみたかった路面電車・・発車する時に”チンチン”と響く素朴な鐘の音・・人情味あふれるタクシーの運転手さんとともに、穏やかで暖かい午後でした。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-13 12:26

このくらいの幸せ(クリーム)

e0203003_8135143.jpg

お察しのとおり・・入れ物がかわいくて、手に取りました。なんと!中みは全身に使えるクリームでした。手に塗ってみると、すーと肌にしみていく感じで・・とてもクリーム自体も気に入りました。香りもふんわり・・としていて優しい香りです。雨にまったくお目にかかれない今日この頃・・乾燥が気になり、毎晩のナイトクリームに、このクリームを重ねづけします。ふんわりとした香りが、より枕と私を近づけ・・夢の中へ誘ってくれます。もし、幸せに「大きさ」とか「目方」があるならば、私は、このくらいの幸せが一番好きだなぁ・・。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-07 08:37

いとおしい後姿

e0203003_8373585.jpg

[前置]
我が家の小さな猛獣は、わざわざ何かをやぶって穴をあける・・ということはしませんが、穴を見つけた以上より大きな穴にしなければ気がすみません。

さて・・先日、主人が体調をこわし数日寝込み、私も・・いそいそ看病の日々が続きました。ある日、主人の寝ている部屋を開けたとたん!猛ダッシュで茶色い毛玉が飛び込んで来て、穴のあいている障子の前で急ブレーキ!さっそく穴を大きくする作業に着手しました。パンチパンチ!カリカリ・・「コラ!止めなさい!穴を大きくしちゃ寒いでしょ!」と叱る私・・いつもは私の声に反応するシッポも、すでにパンチのリズムをとる指揮棒と化していました・・。再度、「いいかげんにしなさい!」と叱る私の声にようやく気づき・・再び猛ダッシュで走り去っていきました。障子の穴を大きくするくらい許容範囲だとか・・そのような心情ではなく、私はこの生き物の走り去る「ヤッター!」という感情がみなぎる後姿がいとおしくてたまらないのです。
[PR]
by dijon_note | 2011-02-05 09:12