ブログトップ

Dijon note

dijonnote.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小花のアレンジ(その1)

e0203003_19405929.jpg
e0203003_19411563.jpg

カブトピンに小花をアレンジしました。3つの小花は、微妙に色味を変えました。花の額は、それぞれ違う座金をつけて・・同じものを使うより、いろいろなデザインのものを一緒に使うのが好みです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-30 19:54

湯河原みかん

e0203003_8374417.jpg

今年も、ころころみかん姉さんから・・初物のみかんが届きました。私は昔からみかんが大好き!幼い頃、みかんを食べすぎて足の裏が黄色くなったほどです!両親が心配して原因がわかるまで医者を回ったというエピソードがあります。活発ではないけれど・・とにかく元気な子供だったようで、父からはよく「わが家の太陽だ!」と言われていた記憶があります。そんな明るさも健康も・・ひよっとしたら・・このビタミン豊富なみかんのおかげだったのかもしれません。「湯河原みかん」・・いい響きです!姉さんの家に向かう途中、海岸線から山々へ穏やか~につながる風景が目に入ります。山々にはポツリポツリと民家があり、ところどころみかん畑が広がります。低めの山々に、低めのみかんの木、潮を含んだ空気・・などなどが湯河原のやさしい穏やかな雰囲気を創りだしているのだと思います。ころころみかん姉さん・・今年もごちそうさまです!
[PR]
by dijon_note | 2010-11-29 09:37

落葉樹

e0203003_22131495.jpg
e0203003_22133137.jpg

毎朝、落ち葉掃除が忙しい今日この頃です。母と二人がかりで、落ち葉をまとめますが・・「落葉樹も考えもんだねぇ~!」と母、「あ~!もっともだ~!もっともだ~!♪♪」と合いの手を入れる私・・二人で一本のケヤキを見上げ、ふ~!とため息をつく毎日です。そして、今日・・先週に引き続き・・主人のマラソンで、筑波へ行きました。見て下さい!この素晴らしい紅葉!毎日の落ち葉掃除は大変ですが、やっぱり落葉樹はいい!と確信しました。色彩はもとより、落葉樹には、春夏秋冬のストーリーがあります。私の人生の中で、落ち葉掃除のない森林の中で暮らす時があれば、どんなに素敵だろう・・と思いました。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-28 23:00

紅茶時代

e0203003_20261129.jpg

朝晩は・・暖房が、かかせないほど寒いのですが、昼間は・・心地よい穏やかな日々が続いています。そんな中、思いつきでゴソゴソ収納棚を片付けていたら・・ちょっと懐かしいミニバックが見つかりました。この頃は、紅茶・珈琲染めにのめり込んでいて、レースやリボンはもちろん!麻布や象牙のボタン・・etc・・まで紅茶や珈琲で染めまくっていました。そんなある日、ふと「もっと色がほしい・・」と思ったのです。そんな思いが、私を染花の世界へ導いてくれたのです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-27 20:59

あだ名

e0203003_2073995.jpg
e0203003_2075573.jpg

上のネックレスが、「キャンディ」・・下のペンダントが、「アーク」・・。私が、それぞれのアクセサリーにつけたあだ名です!上のネックレスは見てのとおり、缶からころがり出てくるドロップキャンディのようで、とても賑やかで、楽しそうで、おいしそうで・・そんなところからつけました。下のペンダントは、あのインディ・ジョーンズシリーズ第1作目の「失われたアーク」にちなんでつけました。映画のクライマックスに登場するアーク(箱)の仰々しい蓋の持ち手の印象が、このペンダントヘッドの持ち手?と重なったのです。私にとって、あだ名とは・・人につける時も、物につける時も、絶大なる愛情と信頼から生まれるものです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-26 21:30

名前の由来

e0203003_9145932.jpg

さくさくと落ち葉の中を歩いていたら、中~高木の足元に広がるツワブキの群生を見つけました。ツワブキは、「艶のある葉のふき」ということで、ツワブキと呼ばれるようになったそうです。「なるほどねぇ~」と、しばし群生の前に座り込み、葉っぱの観察です。「うん。うん。確かに艶のあるふき型の葉っぱだ・・」と一人でうなずき、納得する私でした。名前の由来というのは、本当におもしろく、時として感動を伴います。私達、人間という動物が、その時感じた「ひらめき」を・・「インスピレーション」を・・精一杯詰め込んだ言葉が「名前」になるのだと思うのです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-25 09:43

淡い葉っぱ

e0203003_964852.jpg

小さい手のひらサイズのリースにコサージュピンをつけて・・・。葉っぱが思いのほか淡い色に染まりました。ビロードでは、よっぽど気合を入れた調合をしないと濃い色味がでないようです。今回は花の色味も淡いので、これで良しとしますか!!私は、一枚の葉っぱに濃淡をつけるのが好きです。次回は、濃~い色から淡い色へ・・の葉っぱに挑戦してみたいと思います。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-24 09:23

小人気分

e0203003_151133100.jpg

わぁ~!大きな三つ葉!・・まるで、自分が小人になったようです。近所で、オキザリスを見つけました。葉の直径がゆうに10cm以上はあるのです!本当に小人になったらどのように見えるのかなぁ~??と・・身をかがめ、葉の裏から空を見上げてみたり・・なんだり・・きっと誰かが見たら、「あの人どうしたのかしら?」と思ったことでしょう。しばし・・小人になった私でした。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-23 15:31

摘芯

e0203003_17523183.jpg

今年も、寒い冬を乗り越え、春先まで頑張ってくれるパンジーやビオラを買いに園芸店へ行きました。なんとなく今年は・・パンジーを鉢植えし、ベランダを明るくしたいと思い・・かわいい名前(商品名)がついた4種類のパンジーを買いました。ふと・・あらためて育て方を読むと、鉢植えにした際は、最初の花・つぼみは、すべて摘芯するとのこと!「う~ん!かわいそうだなぁ~・・」と思ったのですが、止む得ず摘芯し、ご覧のように・・水の中に生けました。綺麗でかわいくてうっとり・・です。このように・・今では、かなりのスミレ系ファンの私ですが・・子供の頃は、パンジーが怖かったのです。当時のパンジーは、かなり中心近くが濃い黒で怖いお面のように見え、苦手でした。近頃では、パンジーの種類もずいぶんと増え、おヒゲが細いものやないものがありますよね。染花を作る時も、おヒゲを書く場合・・極力細く目立たないように書き込むようにしています。今だに・・目立つ黒色を怖がる私がどこかにいるようです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-22 18:25

空気とおむすび

e0203003_19339100.jpg
e0203003_19333519.jpg

秋晴れの中・・主人のマラソンに付き合って上尾に行きました。毎回のことですが、ものすごい人、人、人・・。予定どおりにスタートした主人を含めたすべてのランナーに「どうぞご無事で!」と心の中で送り出した後、私は、毎回・・足早に物産展(ない場合もあるのですが・・)へと向かいます。私は、物産展が大好き!わくわくキョロキョロしながら見て回ります。上の写真は、本日の戦利品です。戦利品を手にしてウキウキして歩くことしばし・・私の目におむすびが飛び込みました。「うわぁ~!おいしそう!食べたいなぁ~」・・でも、しっかり朝食も食べてきたし・・言い訳がみつかりません。それでも、私はおむすびを購入し、おいしくペロリと食べてしまいました。どうやら・・野外の空気とおむすびは、強い絆で結ばれているようです。ピクニック、遠足、バーベキュー等等・・いろいろな野外での食事はありますが、私にとって、野外の空気と強い絆で結ばれているのは、サンドイッチでも焼きそばでもなく、おむすびなのです。
[PR]
by dijon_note | 2010-11-21 20:01