ブログトップ

Dijon note

dijonnote.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

のれん

e0203003_14522445.jpg

青山通りで見かけた「のれん」・・「決まってるなぁ・・」・・その準備万端な様子に、なんだかとても心惹かれました。きっと、床も棚もショウケースもピカピカに磨き上げられ、一歩店に入れば、三角巾と割烹着みたいな上着を着た店員さんが「いらっしゃいませ!」って頭を下げるんだろうな・・・。そんなこんなを一枚の「のれん」から連想しました。素敵な色味、几帳面な縫製を含めて「日本の美」とでもいうのでしょうかね。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-31 15:09

何度やっても・・ノンノン!

e0203003_12231516.jpg
e0203003_12233595.jpg

庭に咲いてるユリオプスデージー・・真冬になる前に創りたいと思っていました。ひとえに”黄色”とは言っても、「あーでもない!こーでもない!」と・・気がつくと、たくさんの染料皿が机の上に並んでいました。湯船にプカプカ浮かぶアヒル色でも・・ノンノン!いきなり山吹色でも・・ノンノン!和からし色でも・・今ひとつ!・・といった具合に納得できる色味にたどり着くのに、ちょっと時間がかかりました。下の写真は、私がつけてみたところです。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-30 12:41

頭の中の染料皿

e0203003_992955.jpg

このアジサイ・・神社の石塀からころりと顔を出していました。色味のおもしろさに思わず写真をパチリ!いきなりアンティークのようだなぁ・・と。最近の気温の乱高下のせいでしょうか?ともあれ・・私の頭の中には、すでに何枚かの小さな皿が並び、「ベースは淡いグリーンでしょう・・エッジから赤みをぼかして・・」などなど染料の調合が始まっていました。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-29 09:35

二つの素晴らしさ

e0203003_20343230.jpg

これは、ケニヤ山の土を焼いて作ったセラミックビーズで作られたブレスレット。このビビットな色味と優しい形がとっても好きです。作品には一つ一つ名前が付いていて、これは・・「アボガド」・・誰もが「ふ~ん!そう言われれば・・」と言うそうです。・・私もそう言いました。さて、このアクセサリーの素晴らしさは、そのアート的な素晴らしさに留まりません。前々から「フェアトレイド商品」というのには興味があったのですが・・まさに!このアクセサリーは「フェアトレイド」の賜物で、つくり手は社会的弱者であるアフリカのシングルマザー達なのです。今や、彼女達一人一人が、それぞれ20以上の世帯を支えているそうです!魅力的な品物を身につけることでき、同時に社会貢献もしていることになるなんて・・「フェアトレイド」って素晴らしい仕組みですね!
[PR]
by dijon_note | 2010-10-28 21:00

三姉妹

e0203003_8512995.jpg
e0203003_8515260.jpg

シロツメクサの三姉妹です。・・三姉妹は、パーツは似ているものの、それぞれ個性があると聞きます。そんなことをイメージして創りました。写真ではわかりづらいと思いますが、ベースの藁が三つ編みだったり・・藁の上に麻の網がひいてあったり・・リボンの色を変えてあったり・・します。同じ故郷をもつものが、この世にいるということは・・なんとも心強いものです。私には、この3つのリースコサージュが目には見えない手をつないでいるように見えます。下の写真は、長女のアップです。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-27 09:11

ベイトショップその2(私もつくりたい!)

e0203003_8595528.jpg

今日は、昨日に引き続き・・ベイトショップの裏側を・・。また、テキトーな軒先が現れました!おや!?今度は「FOLK ART」の看板・・釣餌と一緒に民芸品も売っているようです!表と裏で看板を変えるなんて・・なんてお茶目な発想でしょう!この巣箱に出会ってからというもの、常に気持ちの中に「私もつくりたい!」という思いがあります・・。ホームセンターなどで、木の切れ端を見かけるたび、思わず駆けより手にとってシゲシゲと・・。そんな時、もう一人の私が「あなたは、花をつくるんじゃないの??」と耳元で囁きます。でも、やっぱり「つくりた~い!」
[PR]
by dijon_note | 2010-10-26 09:24

ベイトショップその1(想像する感動・・)

e0203003_865134.jpg

ほのぼのと・・いい味をだしていると思いませんか?!これは、小鳥の巣箱です!サンフランシスコのみやげ屋で見つけました。巣箱を持ち上げ・・ニヤニヤと、しげしげと・・眺めたものです。一旦は、巣箱を元の位置に戻し、足を進めましたが・・やっぱり戻って購入した巣箱です。その名も「ベイトショップ(釣餌屋)」!木の切れ端にペタペタと色を塗り、鼻歌まじりに組み立てたような感じがたまらなく好きです。伝統工芸や、さまざまな手工芸にみる繊細な技術にも感動しますが、このテキトーな感じにも感動します。たぶん・・この巣箱の作り手は、楽しそうにこれを作っていたに違いありません。そんな想像が、私を感動させるのだと思います・・。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-25 08:55

ホームランアイス

e0203003_162529.jpg

見てのとおり・・完璧においしそうなアイスクリームです。カスタードクリームにラズベリーソース、プリンにカラメルソース、紅茶味のアイスクリームに木イチゴソース・・・おいしくないわけないですよね。素晴らしくおいしいものが香ばしく焼かれたワッフルの中に入っている様子を見て、現代の私達の生活みたいだなぁ・・と思いました。何もかも豊富にそろい、その中から好きなものを選べる生活・・。子供の頃、目を輝かせて選んだホームランアイスは、なんとシンプルだったことか!でも、メチャメチャおいしかった!!私は今でもホームランアイスでいいかも・・です。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-24 16:30

プチ感覚・・

e0203003_9364259.jpg

先日、フィットネスの仲間達とのランチ会がありました。3ヶ月に1度ぐらいの定期会です。いつも思うのですが・・ランチ会というのは、昼間の明るさといい、お手頃な代金といい、「ちょっと・・・」という気軽さと安心が魅力ですよね。すっかり日々のスピードが速くなってしまった昨今・・「ちょっと・・・」といったプチ感覚が人々に受け入れられる感覚だと思います。大げさではなく・・かまえず、プチ感覚で参加できるランチ会は、まさに形態は「プチ」でも、もらえるエネルギーは「ビック」ですよね。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-23 10:16

せつなくて・・

e0203003_8463973.jpg

10月も中ば過ぎだというのに・・近所の神社の境内で、アサガオを見つけました。当然、アサガオといえば「夏」・・ですよね。なのに・・どうしたことでしょう?今!こんなに美しいパープルのコンビネーションを空に向かって広げています。その色の美しさに感動する反面、人間の身勝手による地球温暖化などにより地球のリズム(流れ)がくるってしまい、その流れに振り回されながらも、ついていこうと・・けな気に頑張る植物、動物、昆虫・・を目にするたび、せつなくて・・しょうがありません。
[PR]
by dijon_note | 2010-10-22 09:15